葛城

雲龍型航空母艦の3番艦。

「警官の息子犯人説」自称「3億円事件の犯人」犯人に迫ることもできたはずの証拠。 #3億円事件

f:id:kenzi20:20190413151659g:plain

偽白バイ、逃走用と何台もの車両を使い分けた手口は当時の日本では例がありません。

銃器も刃物も使わず、

車を駆使して巨額の現金を奪ったうえに、

奪われたボーナスは、翌日には無事、工場の従業員たちに支給されました。

銀行の損失は保険で賄われ、

保険会社も別の保険会社と再保険を結び、

さらにその保険会社が海外の保険会社と再保険契約を交わしていました。

結局、被害額は海外の損保が負担したため、

発生当初は“国内では誰も損をしなかった事件”とも呼ばれました。

被害額が保険で賄われて損した人が国内ではいなかったことから、

犯人をヒーロー視するような雰囲気さえありました。
↓ ↓ ↓

「警官の息子犯人説」自称「3億円事件の犯人」犯人に迫ることもできたはずの証拠。 #3億円事件

http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/04/14/sanokuhan/