葛城

雲龍型航空母艦の3番艦。

ロイヤルコペンハーゲン (Royal Copenhagen) イヤープレート 1936年/昭和11年 「ロスキレ大聖堂」【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】

1908年に初めて発表されたイヤープレート。以来毎年ロイヤルコペンハーゲン独特のブルーで風景や建物、クリスマスの様子など数々の美しいシーンが描かれてきました。ヨーロッパの家庭ではその年度のプレートの発表は、クリスマスのお楽しみになっているともいわれています。各ブランドがつくっているイヤープレートの中でも絶大な人気を誇り、バックナンバーを求めるコレクターもいるほど。結婚やお子様の誕生、住まいの新築など、何かの記念をきっかけに集めはじめる方も多いようです。壁にかけるなどインテリアとしてもお洒落。壁のプレートが毎年ひとつづつ増えていくというのも素敵ですね。その年を記念するプレゼントとしてご利用いただくこともおすすめです。イヤープレートは、絵柄が浮き彫りであるため製法が独特です。レリーフの施された白いお皿に青の染料を一面にスプレーします。明るい色にする部分は布やセーム皮で染料をこすり落とし、濃くしたいところは、さらに染料を吹き付けます。これを繰り返すことで、コバルトブルーの濃淡が出てくるのです。イヤープレートは、別名「クリスマスプレート」と呼ばれています。クリスマスに自分の生まれ年や記念年のお皿でケーキを食べる風習となりました。クリスマスや誕生日、各種記念日の贈り物にも最適です。イヤープレートは毎年、その年のプレートを生産してしまうと型を壊してしまい、追加製造はされません。その事から過去の年代のプレートに思わぬプレミアが付く場合もございます。他のコペンハーゲンの商品同様、プレート毎に多少絵付けの濃淡等が異なってまいります。濃淡は、好みの問題で、どちらが良い悪いということではございません。「ご購入に関するお願い」こちらの商品は、アンティーク商品となりますので以下の点について、予めご了承くださいませ。・出荷年の箱や説明書等はございません。また、多少の色トビ、キズ等はご容赦下さい。・経過年月ゆえの品質劣化(色あせや極小キズ)のある場合があります。古い年代のものでは、凹凸や黒点が見受けられるものもございます。青と白の世界に吸い寄せられそうになる、デンマークの陶磁器メーカー「ロイヤルコペンハーゲンRoyal Copenhagen)」。1770年代初め、科学者ミューラーの手によってデンマーク初の磁器焼成に成功し、その歴史は始まりました。素焼きの器に色を付け、上薬をかけて高温で焼き上げる「アンダーグレース技法」の陶器を手がけ、それらは19世紀のヨーロッパの上流階級の人々に愛用され、広く知られるようになりました。その後デンマーク王室の暖かな加護を受けて育ちました。それぞれの時代を反映しながら創り出されてきたロイヤルコペンハーゲンの製品は、長年培われた最高の工芸技術で今も伝えられております。日本の有田焼の影響もあり、コペンハーゲンの伝統であるコバルトブルーの唐草模様は繊細で格調高い職人達の心意気を強く感じます。ロイヤルコペンハーゲンのフィギュリンは、長い歴史があります。1889年に最初のフィギュリンがパリの万博公園で発表されて以来、熟練の職人たちによるクラフトマンシップに支えられて、現在まで変わらぬ技法で制作され続けています。伝統を受け継ぎながら、毎年新たなフィギュリンが発表されております。また、その心温まる表情・しぐさには定評があります。「ロイヤルコペンハーゲン 商品のご購入に関するお願い」以下の点につきまして、予めご了承くださいませ。・色味について色味は、濃さが1点1点異なります。つきましては、HP上でご紹介しております商品とお届けする商品の色味が異なります。色の濃淡によるご交換・ご返品はお受け出来ません。・バックスタンプについてバックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。・製造国についてフローラダニカシリーズ以外の商品は2010年以降順次デンマーク国外での生産に移行されております。18cm ロイヤルコペンハーゲン (Royal Copenhagen) イヤープレート 1936年/昭和11年 「ロスキレ大聖堂」【楽ギフ包装選択】【楽ギフのし宛書】 さらに詳しく

#子猫産まれました#ゲームセンター#ゲームボーイ#ゲーム