葛城

雲龍型航空母艦の3番艦。

ストレスを生み出している感情を コントロールできないと、 いくらダイエットをしても失敗に終わるでしょう。

苫米地さんからの学びです。

 

 

 

「痩せる方法」が世の中には多数出回っていますが、

ダイエットが失敗する本当の原因は、あまり知られていません。

 

多くの人は

 

・食べ過ぎ

・飲みすぎ

・運動不足

 

で太ると、勘違いしています。

 

ですが、これらは「結果」であって、

根本的な「原因」ではありません。

 

根本的な「原因」に気づかないと、

いくら食べ物に気を遣っても、

痩せないどころか、甚大な健康被害に襲われます。

 

 

---------------------------------------------------

 

「食べ過ぎ」の根底に潜む「病因」

 

---------------------------------------------------

 

人が食べ過ぎてしまう時と、

ストレスが溜まっている時は、同じです。

 

ストレスがたまると、

人は交感神経が優位になり、

緊張状態になります。

 

すると、心身のバランスを取ろうとして、

副交感神経を優位にさせ、リラックスしようとします。

 

食事をした時に感じる「満腹感」は、

まさに副交感神経が優位の状態(=リラックス状態)です。

 

「ストレスから、やけ食いをしてしまった」

 

そんな経験は誰しもあると

思いますが、まさにあの状態です。

 

ストレスを生み出している感情を

コントロールできないと、

いくらダイエットをしても失敗に終わるでしょう。

 

それどころか、ストレスを食事で誤魔化していると、

ガン、心臓病、脳卒中、糖尿病等のリスクもグンっと高まります。

 

まとめると

 

「感情」の暴走

ストレスの増大

暴飲暴食

数々の心疾患

 

となり、年齢を重ねるごとに、

「最悪のケース」のリスクも高まります。

 

「感情」のコントロールができなければ、

いくら食事制限をしても、ダイエットは失敗するでしょう。

 

「枝葉」に気を取られて、

「本当の原因」に気づいていないからです。

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HM2VD+4HXXBM+1R2K+TUVZL

f:id:kenzi20:20150607094713j:plain