葛城

雲龍型航空母艦の3番艦。

神様は「外交性」というカードを私には与えて くれませんでした。ですがそれを受け入れ、自分に与え られた素質のカードを伸ばしていくことにフォーカスして から人生は変わりました。

白石さんからの学びです。

 

 

 

「さあ、自分に目覚めよう」という

本を飛行機の中で読んでいたのですが

これがめちゃくちゃ面白いです。

 

簡単にいうと人間には34種類に

分けられる才能がある。

 

その才能の種類と特徴を解説し、

才能ごとに仕事で力を発揮させる

方法が解説されているものです。

 

引用すると

 

活発性

 

「いつ始めようか?」これはあなたの人生で繰り返される質問です。

 

あなたは動きだしたくてウズウズしています。

 

分析が有効であるとか、ディベートや討論が貴重な洞察を

生み出す場合があることをあなたは認めるかもしれませんが

心の奥深くでは、行動だけが有意義であると知っています。

 

行動だけが何かを起こすことができるのです。

 

行動だけが功績につながります。

 

決断が下されると、あなたは行動を起こさずに入られません。

 

ほかの人は「まだ知らなそうなことがあるのに」と戸惑うことが

あるかもしれませんがあなたがペースを遅くすることはなさそうです。

 

さらにあなたの考え方では行動と思考は互いに相容れないものではありません。

 

事実活発性という資質によってあなたは行動は最良の

学習手段であると考えています。

 

あなたは決断し、行動し、結果を見て、そして学びます。

 

この学習情報によってあなたは次の行動、

そしてさらに次の行動へと導かれるのです。

 

もし行動しなかったらどうやって成長できるでしょう?

 

あなたは、行動がなければ成長できないと考えています。

 

あなたは危険を犯してでも行動し続けなければなりません。

 

次の行動を起こさなければなりません。

 

思考を常に生き生きと豊かにしておく

方法がほかにあるでしょうか?

 

発言したことや考えたことによってではなく、

実行したことによって判断されるということを、

あなたは知っています。これが重要なのです。

 

あなたはこれを恐れることはありません。

あなたにとってこれが喜びなのです。

 

========================

活発性を強みとする人の活かし方

========================

 

・停滞し、議論を重ねるばかりで成果を上げられない 

 チームを任せる。そういうチームを前進させる活性剤と

 なるはずだ。

 

(その他5個)

 

-----

 

こんな感じで34の才能が書かれています。

 

活発性の文章をよんで、まさに自分のことだと

感じられる人もいれば、あまり共感できない方も

いると思いますがそれは自然なことです。

 

人は生まれ持った素質が違うからです。

 

私はもともと「活発性」の素質は結構

持っていましたが

 

「規律性」「社交性」「慎重さ」

 

といった素質はかなり低いレベルでした。

 

私の兄は社交性が強く、私はその素質に

憧れていた時期があります。

 

自分ももっと社交的にならないと。と思い

いろいろ努力したことがありますが結局

わかったことは、自分にない素質を頑張って

努力しても全然伸びないで辛いだけ。

 

才能の無駄遣いだということです。

 

兄も兄で、私の謙虚なところをみて、

 

「達也みたいに、もう少しおとなしく

 謙虚にならないと。」

 

と思い努力していた時期があったそうです。

 

ですがその努力をしていた時が一番人生が

つまらなくて辛かった時期だったそうです。

 

兄と私の資質はそれぞれ全く違うものだった

のですが、無い物ねだりでお互いの素質が欲しい

と感じ別の人間になって生きようとしていた時期

がありその時はお互い全くうまくいきませんでした。

 

そしてお互い自分の資質に向き合い、短所を補強する

ことをすてて長所を伸ばすことだけにフォーカスする

ようになってから周りから人気がでるようになりお互い

成功していくことができるようになりました。

 

アンケートによると世界中のどの国でも

 

「成功する上で一番必要なことはなんですか?」

 

と聞くと、

 

「長所を伸ばすことだ。」というよりも

「弱点を克服することだ。」という答えの

ほうが2倍近く多いらしいです。

 

つまり

 

「 自らの強みを深く理解すれば成長できるとは考えていない」

 

人が大半なのです。

 

ですが、実際に従業員のアンケートで

 

「最も得意な仕事をする機会に毎日恵まれているか?」

 

という質問を4000の企業、19万以上の従業員に尋ねて

回ったところYesの回答が多かった企業と少なかった

企業では、生産性、売上、従業員満足度の全てにおいて

前者のほうが勝っていました。

 

つまり強みを伸ばしていくほうが良い結果を生み出す

ことができるのです。

 

弱みがあると人から好かれない。ここを治さないと

嫌われてしまうという気持ちが出てくることがある

かもしれません。

 

当時の私は弱みを完璧に潰したら人気者になれる

のかなと考えていました。

 

ただ、健康を知るために病気を研究したところで

健康になることはないのと同じように、弱点を研究

したところでアウトプットされる結果は自信の無さ

につながる無力感であることがほとんどなのです。

 

本来、起業が成功して人を雇い、事業拡大に成功

する経営者たちは 、自分の強み以外の業務をやら

なくて良い環境を構築することに力を注いでいます。

 

弱点は全無視、それを補ってくれる人を集めることで

素晴らしいチームになり大きな成果を出すことができる

のです。

 

私は「外交性」が欲しいな。と心から思っていた

時期があります。

 

ですが神様は「外交性」というカードを私には与えて

くれませんでした。ですがそれを受け入れ、自分に与え

られた素質のカードを伸ばしていくことにフォーカスして

から人生は変わりました。

 

不思議なのですが無理に外交的なふりをするのを

やめてから逆に人気者になりました。

 

与えられた素質が気に入らなかった場合、ほかの素質に

変えることはできるのか?という質問に対してこの著者は

「No」と回答をしています。

 

本当にその通りだと思います。

 

人によって配られたカードは違いますが、違うカード

だからこそほかのカードを持つ人を支えることができ

そのカードに見合った才能や仕事が必ずあるのです。

 

「白石さん、そうは言っても上司が欠点を叱責して

 きますのでどうしようもありません。」

 

という方が多いと思いますが欠点を治そうと力を

注ぐことよりも、長所を伸ばそうと力を注ぐこと

のほうがレベルアップも早く経験値もたまりやすい

ので結局長所を伸ばしている奴には勝てないのです。

 

弱点全無視で仕事をできる環境を見つけるか、そうした

努力をしていくことで人生は良い方向に進む人が多いの

ではないかなと、本を読みながら感じたのでレポートと

して書いてみました。

 

「さあ、自分に目覚めよう」

 

という本を読めばあなたの才能が

わかりますので興味をもった方は

ぜひ読んでみてださい。

 

久しぶりに出会った素晴らしい良書です。

 

良書:

http://clck.click/mjli

http://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.7636.76015.721.1208&dna=18825

f:id:kenzi20:20150606160804j:plain