葛城

雲龍型航空母艦の3番艦。

午前中に、どれだけの 仕事が出来るかによって その日の成果が決まります。

七星さんからの学びです。

 

 

時間を有効活用しましょう。

 

 

朝の30分は、

 

昼間の30分と違います。

 

 

 

場所にもよりますが、

 

東京は時間帯によって

 

大渋滞がおこります。

 

 

職人時代、

 

私は、八王子に住んでいたのですが、

 

 

6:00に家を出たら都心に着くのが6:30

 

6:30に家を出たら都心に着くのが7:30

 

 

こんな感じだったので、

 

30分早く起きて行動すると

 

1時間早く仕事に取り掛かれました。

 

 

人と違った時間帯に動くことで

 

渋滞を回避できるので、

 

 

朝早く起きることには

 

圧倒的な効果があります。

 

 

 

あと、

 

『午前中にどれだけ仕事が出来るか』

 

これもすごく重要です。

 

 

昼食を食べた後は、

 

眠くなって、頭が回らなくなるし

 

体も重くなります。

 

 

 

1日の中で一番効率がいい

 

時間帯は午前中です。

 

 

午前中に、どれだけの

 

仕事が出来るかによって

 

その日の成果が決まります。

 

 

 

他にも、前日に、

 

『次の日の準備をしておくこと』

 

これも重要です。

 

 

朝、起きて、歯磨きだけしたら、

 

すぐ車に乗って

 

現場に行ける状態にしておいて、

 

6時に起きたら、6:15には出る。

 

 

そうすれば7:30までには

 

現場に入れます。

 

 

で、午前中にしっかり仕事をする。

 

 

 

7時とかに起きて、

 

9時、10時になってから

 

現場に来る職人が居ましたが、

 

 

そうなると終わりの時間が

 

18時とか、19時になります。

 

 

その結果、どうなるかというと、

 

帰りに、また渋滞にはまります。

 

 

 

私の場合は16時とかに

 

仕事を終わらせるようにしていたので

 

朝と同じく30分で家に帰っていました。

 

 

帰ってからは見積書や請求書を作ったり

 

自分の勉強の時間にあてていました。

 

 

 

もし、現場が忙しい場合は

 

逆に20時くらいまで仕事をして、

 

渋滞しない時間に帰っていました。

 

 

朝の時間を効率よく、有効に使うことで

 

結果が大きく変わります。

 http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HM2VD+3YW1YQ+3930+60WN5

f:id:kenzi20:20150515191420j:plain